センターについて

副センター長あいさつ

大学院医歯薬学研究部 医学域医科学部門 医療教育学分野 准教授
吾妻 雅彦

医療系学部による多職種連携教育・実習は、1年次、中学年、高学年の3ステップでの実施が定着してまいりました。実習内容のブラッシュアップを進め、臨床現場を意識したより実践的な職種連携実習となるよう、一層の連携を進めたいと考えています。

教養教育院 医療基盤教育分野 教授
岩田 貴

専門医の経験を生かして、初年次教育をはじめ高学年・研修医・生涯教育まで一貫したシームレスな医療教育に携わっております。シミュレーション教育などに関して何でもご相談ください。

大学院医歯薬学研究部 歯学域口腔科学部門 教授
石丸 直澄

未曾有の危機的な状況の中で、優秀な医療人をいかに育成するのか、ピンチをチャンスに変えられるのか、医療教育の本質が問われる時が来ました。日本の医療を守るためには、徳島から心ある医療人を大切に育て上げることが肝要と考えます。

大学院医歯薬学研究部 薬学域薬科学部門 医薬品機能生化学分野 教授
土屋 浩一郎

薬学部では令和3年度入試から薬剤師資格を基盤とする「新6年制課程」として一本化いたします。新6年制ではこれまで以上に医療を理解した薬学生を養成することが必要であることから、今年度はセンターの皆様のご協力をいただきながら医療教育体制の充実に向けて取り組みます。

大学院医歯薬学研究部 医学域栄養科学部門 予防環境栄養学分野 教授
高橋 章

医科栄養学科は、これからの社会に対応できる人材育成を目指して大学院教育の改革に取り組んでいます。栄養学の専門性をいかしつつ、多職種連携教育やシミュレーション教育など、蔵本地区の教育連携にも尽力していきます。

大学院医歯薬学研究部 保健学域保健科学部門 臨床腫瘍医療学分野 教授
近藤 和也

保健科学教育部は、高度専門医療人(がん専門看護師,慢性看護専門看護師,助産実践コース,養護教諭専修免許,医学物理士コース)を育成するプログラムを有し、たくさんの大学院生が入学し、多職種カンファレンスやシミュレーション教育を受けています。海外留学生も増え、英語プログラムの講義に参加しています。これからも医療教育開発センターの発展に尽力していきたいと思います。