活動報告

教養教育イノベーション教育科目「ニーズからの医療機器開発入門」をスキルス・ラボで開講しました(2019年10月9日)

教養教育イノベーション教育科目「ニーズからの医療機器開発入門」をスキルス・ラボで開講しました。実際にトレーニングで使用されている胸部聴診(心音、呼吸音)を実際の聴診器で聴診、腹腔鏡トレーニングボックスを使用することで診療・トレーニング機器の便利さ、不便さを体感して気づくことで、そこから医療機器開発につながるシーズを探る講義・実習を行いました。「必要は発明の母」の精神で、皆さん取り組んでいました。

受講者:医学科1年:38名、理工学部3年:2名