活動報告

「グローバルな視点でキャリア形成」開催しました。(2019年4月15日)

日時:2019年4月15日(月) 18:30~20:00
場所:日亜メディカルホール(徳島大学病院 西病棟11階)
演者:矢田 圭吾 先生
米国オハイオ州 Nationwide Children's Hospital

 

主催:キャリア形成支援センター
共催:医学部教育支援センター、医療教育開発センター、徳島県地域医療支援センター
       
【実施概要】
招聘者は徳島大学医学部を卒業後、USMLE Steps 1-3 に合格し、現在米国オハイオ州 Nationwide Children’s Hospital で小児外科クリニカルフェローとして臨床留学中です。徳島大学では、医学科4年生の医学英語授業の担当教員の経験もあります。今回の講演では、USMLE受験や米国臨床留学の魅力について話してもらうに留まらず、米国と日本の医療システムの違い、そこから学ぶべきことについて徳島県民の視点からもお話していただきました。

【成果】
将来、海外での医療活動を考えている医師・学生にとって、グローバルな視点でキャリア形成を考える上で、具体的なプロセスに実体験を交えた話を聞ける機会となりました。また、米国医療現場で求められている医療人の資質・能力を理解することにより、地域医療を含めた日々の臨床においてグローバルな視点をいかに生かすかを考える機会ともなりました。