センターについて

センター長あいさつ

徳島大学大学院医歯薬学研究部
医療教育開発センター長
 赤池 雅史

 徳島大学では2004年に医学研究科、栄養学研究科、歯学研究科、薬学研究科が統合され、教員組織であるヘルスバイオサイエンス研究部(2015年4月1日から「医歯薬学研究部」に名称変更)と大学院教育組織である医療系5教育部が発足しました。これを契機に、組織横断的な医療教育支援組織として、研究部に「統合医療教育開発センター」が設置されました(2006年12月1日から「医療教育開発センター」に名称変更)。

 本学蔵本地区には、医学・歯学・薬学・栄養学・保健学に跨がる医療系3学部7学科と5教育部(大学院)、先端酵素学研究所、ならびに徳島大学病院があり、医療系全領域にわたる教育・研究・診療組織がひとつのキャンパスに集約しています。当センターの役割は、このような徳島大学の強みを基盤として、1研究部と5教育部・3学部で構成される教・教分離の組織体制を活用し、それぞれの専門性を活かしながら組織の枠組みを超えた教育連携を行うことで、患者本位の全人的医療を実践できる高度専門医療人や優れた生命科学研究者を育成することです。このような目標のもと、当センターでは、高大連携~卒前~卒後・生涯教育を「縦軸」、専門職連携教育を「横軸」として、組織横断的大学院教育、シミュレーション教育、医療コミュニケーション教育等、医療系5教育部・3学部のカリキュラム・アドミッションポリシーに基づいた教育支援に取り組んでいます。

 組織横断的大学院教育としては、センター設置当初より大学院共通科目e-learning化や英語プログラムの運営支援を行っており、Tokushima Bioscience Retreat(2005年度~)や教育クラスター事業(2009年度~)にも取り組んでいます。組織横断的大学院教育の実現は1研究部・5教育部体制の大きな成果ですが、今後はこれらのプログラムの全学的発展を含め、その評価と継続的改善に取り組むことがさらに必要と考えられます。専門職連携教育については、1年次合同ワークショップ「チーム医療入門」(2007年度~)が正課(SIH道場)として確立し、2016年度からは一部の学部でチーム医療臨床実習がスタートしました。今後はこれらをさらに充実させるとともに、これまでトライアルとして実施してきた学部連携PBLチュートリアルを正課へ発展させ、学年積み上げ式専門職連携教育の構築を目指しています。シミュレーション教育については、基本技能・汎用的能力~高度医療手技のトレーニングとしてスキルスラボの利用が年々増加し、さらに、2016年度からはメディカルトレーニングラボ(石井キャンパス)やクリニカルアナトミーラボ(徳島大学病院)での医師・歯科医師対象の低侵襲手術トレーニングと連携した卒前プログラムも開始されました。医療コミュニケーション教育については、教養教育での「ヒューマンコミュニケーション(保育所実習)」や医療系学部での模擬患者参加型教育への支援を行っており、デブリーフィングを含めアクティブラーニングに対応した指導法の開発と普及等、その質の向上に努めたいと思います。

 医療教育開発センターは、教養教育院、総合教育センター等の全学組織、医療系学部・教育部ならびに徳島大学病院を繋ぐ「ハブ&ニッチ」的組織として、今後も医療教育の発展に尽くす所存です。皆様のご指導ならびにご支援を引き続きよろしくお願い致します。