活動報告

クリニカルクラークシップ腹腔鏡実習(2017年3月7日)

学生さんたちの手技の実習の実施場所は各施設によって様々ですが、本学ではありがたいことに、医療教育開発センターがシミュレータのほとんどを一元管理し、予約システムを駆使して、円滑に各診療科が実習を行えるようにしております。
全ての実習室を含めて、500平方メートルと決して広くはないが、全国有数の利用者数を誇っております。
ちょうどこの時期は医学科4年生のオープンスキルスラボ(自習期間)と重なって医学科5年生の実習を行いました。4年生にとっては、先輩の姿が見れて良かったようですが、5年生は集中できない、部屋が暑い(身体診察の連取のために、わざと部屋の温度を上げている)など、いろいろ苦労を掛けてしまいました。