活動報告

四国初 Lap Mentor Expressを配備しました(2016年11月11日)

近年の低侵襲手術のトレンドを受けて、最近はクリニカルクラークシップの外科実習では腹腔鏡下手術実習や、バーチャルシミュレータを用いた模擬手術を行っており好評を得ています。現有のバーチャルシミュレータが1台しかなかったのですが、このたび新しく1台購入していただきました。画像は現有のものにある触覚はありませんが、よりリアリティーに富んだ画像で、卓上型でコンパクトなシミュレータとなりました。
このシミュレータが配備されるのは四国初だそうで、これからの実習のますます充実が望めそうです。