活動報告

特別講演会「世界に通じるドクターって?」 中嶋優子先生(2016年6月13日)

特別講演会「世界に通じるドクターって?」

講師:中嶋優子先生

American Board of Emergency Medicine Certified Emergency Physician

Clinical Research Scholar Fellow, UC San Diego Health System

日時:平成28年6月10日(金)18:15~19:45

場所:日亜ホールblue(徳島大学病院外来棟5階)

主催:徳島大学医学部教育支援センター、徳島大学大学院医歯薬学研究部心臓血管外科学、医療教育学

共催:徳島大学大学院医歯薬学研究部医療教育開発センター、

    徳島大学病院キャリア形成支援センター医師部門、徳島県地域医療支援センター

参加者:37名(医学科学生15名、医学科以外の学生2名、大学院生11名、教員・病院教職員8名、学外医師1名)

米国医師資格(ECFMG)とAmerican Board of Emergency Medicine Certified Emergency Physicianを取得するまでの道のり、Yale-New Haven Hospital レジデンシープログラムの経験、カリフォルニア大学サンディエゴ救急部ならびに「国境なき医師団」での活動、特に救急医療におけるEmergency medical service (EMS)やプレホスピタルケアについて、ご自身のご経験と取組をお話しいただきました。さらに、中嶋先生と親交があり、国際的に活躍されている方々の活動についてご紹介いただき、「若い時にいろいろな経験をして、自分のやりたいこと、他人や社会から求められること、そして誰もやっていないことを見つけ、それに楽しみながら、かつ、人と繋がりながら挑戦し、自らを成長させていくことが大切。さらに、自分の取り組みをまとめて、それを他者に発信できる研究力も必要」という強力なメッセージをいただきました。グローバルに活動するとはどういうことか、そのためにどのような能力の修得とキャリア形成が必要かということが実感できた素晴らしい講演会でした。