活動報告

2016年県立中央病院研修医講習会(3日目)(2016年5月19日)

3日連続で行ってきましたCV講習会、3日目の本日は鎖骨下静脈アプローチを行いました。
鎖骨下中心静脈栄養カテーテルの挿入ルートは、いかに血胸・気胸など合併症を作らずに素早く挿入するかに我々は心血を注いだものです…ということで、あえて今回はコントロールしにくいカテラン針を使って血気胸のおこるメカニズムと理由を解説して、しっかりと練習してもらいました。そのあとは、胸腔穿刺シミュレータを使って、ワンショットの胸水サンプリング、トロッカー挿入、アスピレーションキット装着などを行いました。次回は6月。それまでにしっかり復習して頑張ってください!!
参加者:県立中央病院研修医11名
指導教員:1名