活動報告

教員・学生共同FD「第3回学部連携PBLチュートリアルトライアル」を開催しました(2016年2月19日)

日時 平成28年2月16日(火),19日(金)

18:00~19:30

場所 スキル・ラボ5&6

参加学生17名( 医学科5年2名、3年4名、歯学科2名、口腔保健学科3名、薬学部2名、保健学科看護学専攻2名、医科栄養学科3年2名)

教員5名

少し専門領域を学びだした学年で、トライアルとしてやってみようという試みを2年前からやっています。
今回は在宅医療を勧められた痴呆のある患者さんの様子が描かれたシナリオを基に、有志で参加してくれた他学部の学生さんたちでチームを作って、患者さんの問題点や解決法を探っていくという「チュートリアル」形式のワークショップを開催しました。
ホワイトボードに問題点を抽出し、分からないところは各人で宿題として調べ、2日目にプロブレムマップを作成し、発表するところまで、チームを構成する各人が個々の得意分野をしっかりと活かして、調査し、情報共有ができていました。