活動報告

クリクラ「腹腔鏡下手術トレーニング」と「胃管挿入」実習を行いました。(2014年3月5日)

消化器外科実習中のクリクラ学生を対象に「腹腔鏡下手術トレーニング」と「胃管挿入」実習を行いました。全身麻酔では筋弛緩剤によって、内臓の動きが止まってしまうので、胃の内容物(胃液など)を持続的に外へ出さないと、術後に誤嚥し、気管の中に入って、肺炎を引き起こす可能性があるため、鼻から管を入れます。入れられるのも大変ですが、入れるのもちょっとしたコツがありますので、しっかりと実習しました。汎用性の高い手技ですので、手技をよく理解したようです。

参加学生:4名