活動報告

保健学科看護フィンランド交換留学生の合同実習(2013年5月14日)

本学保健学科看護学生とフィンランドヘルシンキメトロポリア応用化学大学の交換留学生との合同実習を行いました。

保健学科看護学生:9名、留学生:1名、教員:5名

医療教育開発センター紹介ののちに導尿、持続留置カテーテル、採血、留置針穿刺、手洗い実習を行いました。みなさんレベルが高く、大変スキルフルでした。実習終了後のカンファレンスでも、それぞれのお国の看護師制度や留学のメリットなど活発な質問がされ、理解を深めることができました。