活動報告

歯学部口腔保健学科と合同で香川県歯科医療専門学校の実習を行いました(2013年3月13日)

歯学部口腔保健学科と合同で香川県歯科医療専門学校の体験実習を行いました。

参加者:専門学校生:40名、教員(香川県歯科医療専門学校:4名、口腔保健学科:3名、開発センター:2名)

オリエンテーションののち、以下の実習を行いました。

1.吸引・聴診:吸引シミュレータQちゃんを使って、吸引実習とMrラングで喀痰の多い呼吸音と、正常音を聴診器で聞き分け。

2.手洗い:グリッターバグで手洗いのチェックを行い、洗い残し部分のスケッチを行いました。

3.採血:採血シミュレータ シンジョーIIで声掛けを伴った採血を行いました。

臨床実習直前の時期のこのような体験実習は、彼らのモチベーションを上げ、これまでにできなかった手技を体験し、声かけ、患者配慮の重要性などを学びました。