活動報告

H24年度看護職員復職研修を開催しました(2012年7月30日)

7月26日に、徳島県看護協会主催のH24年度看護職員復職研修「採血と輸液の実際」がスキルス・ラボ2で開催され、福富先生がインストラクターを務めました。参加者数4名で年齢は20歳台~60歳台と幅広く、30年以上ブランクのある方もいましたが、皆さん大変積極的で、復職に対する熱意を感じられました。3時間ほどの実習時間でしたが、注射器等に触れ使用していると感覚が戻るようで、実際に採血する場面では、おぼつかないどころか安心感さえ感じられる方もいて、採血のハードルはそれぞれクリアできましたね。参加された全員が、復職されることを期待しています。